最新の投稿

スウェットの素材はどんなものにこだわれば良いのか?

あなたを優しく包み込むスウェットの素材は果たして、どれが最適なのかを解説いたします。

そもそもスウェットとは?

人間の生活には欠かすことのできない衣類ですが、そのなかでもスウェットは生活にすっかりと馴染んでいます。スウェットとは、吸湿性に優れた素材から作られた吸汗性、防寒性及び伸縮性の高いゆとりのある生地を指します。

このように本来は生地のことをスウェットと言いますが、日本では主に衣類の名称を指しており、生地のことを言う時はスウェット素材もしくはスウェット生地と言われています。スウェットの語源は、英語の汗です。

スウェットの特徴

生地の種類は綿ジャージーになります。スウェットの特徴としては生地の二層構造があり、内側にはパイル織りの生地を使って外側には平織りのジャージーを組み合わせます。こうすることで厚みを持った生地となって防寒性が高くなります。

また外側にジャージーを使用することで伸縮性や内側のパイルにより、吸汗性も高くなります。綿100%で製造されたスウェットもありますが、吸汗性のみでなく速乾性にも考慮したポリエステルと混ぜ合わせたものもあります。主にポリエステル65%・綿35%のスウェットやまたは繊維にポリウレタンを1~2%程、混ぜ合わせて伸縮性を出したスウェットもあります。

オールシーズン活躍する万能アイテム

一般的に秋口~冬場のシーズンに着用されることの多く、先述のとおり、非常に暖かみのある防寒性に優れた衣料です。女性の場合はスポーティーなスタイルのみならず、フレアスカートと合わせたりニットとあわせたりする、ミスマッチを楽しむこともできます。

吸汗性及び速乾性にも優れている特徴を持つことから、季節を問わず、オールシーズンでの使用ができます。そのようなメリットもあって、スポーツ時の着用にも向いています。それ以外にも夏場の暑い時期に活躍する、薄い素材を使用したサマースウェットと呼ばれるものもあります。日焼け防止や、冷房対策に、とても重宝するアイテムです。

まとめ

このように現在のスウェットは様々な素材や種類があります。また各種メーカーもこぞって製造しています。スポーツをする際に着用するものは、伸縮性・吸汗性・速乾性はもちろん冬場なら防寒性にも考慮して選ぶ必要があります。

子供は動きやすく手入れをしやすい普段着として、大人はカジュアルだけではなくきっちりしたコーディネイトのはずしテクニックに使うことでセンスある着こなしも可能です。