最近では、おしゃれ着としも注目が高いスウェットですが、例えば部活などのみんなでおそろいのジャージを着る学校も多くなっています。そんなチームでおそろいのものを着たいというときにおすすめなのが、オリジナルのデザインのものです。チーム全員が同じ服を着て同じ方向を見て走っていくというのもなかなか素敵なものです。

オリジナルのスウェットを作るならこんなデザインが人気

例えばオリジナルのスウェットを作ろうと思ったら、どのようなものが人気なのでしょうか。シンプルに胸やおなかの部分にワンポイントが良いです。

また、下のスウェットなら太もものあたりや、お尻の下の部分だけに入れてみると中々かわいいものが出来上がります。注文したあとは、届くのを待つばかりです。とってもの楽しみです。他にも自分たちだけのオリジナルなロゴを自分たちで作成し、それを注文する方法もあります。

オリジナルのデザインをみんなで考えてスウェット作り

こういったオリジナルのスウェットは、アイデアを出し合って作成するときにも、着て練習をするときにも結束力が高まります。 デザインは最初からすべて自分たちで考える方法と、あらかじめ用意されているいくつかのテンプレートから好みのものを選んで学校名やクラブ名を入れる方法があります。

また、色は単色か多色か、胸にロゴのような小さなプリントか背中前面のような大きなプリントか、など様々な選択肢から選んで、オリジナルスウェットを作成することができます。

オリジナルのスウェットを作成するとおおむねいくらくらいかかるのか

実際に新しいデザインでオリジナルのスウェットを作成するとなった場合、その料金はいくらくらいかかるのでしょうか。例えばスウェットのズボンと、通常まだ何も施されていないスウェットのズボンでは本体価格はだいたい2,000円前後になっています。

無地のままでよければその金額ですが、そこからさらに手を加えてオリジナルのスウェットを作るとなると、だいたいその倍の金額ぐらいを考えておけば作ることができるでしょう。それぞれ自分の名前を入れるというのもおすすめです。

オリジナルのスウェットを作ることで、結束力も上がる

このようにオリジナルの商品は、無地のスウェットよりも高くはつきますが結束力や仲間意識を高めるためには良いものと言えます。せっかく同じ学校の同じ部活でお互いに競い合いながらプレーするのですから絆を深めるためにぜひ作ってみることをおすすめします。