「スウェット」という名称ですが、元々は生地の名前です。そこから衣類の名前として生地の名前であったスウェットがそのまま定着するようになりました。カジュアルな着こなしをする時や軽い運動などをする際に使われることが多いスウェットですが、お洒落に着こなすことができるデザインのものも豊富にあります。また、スウェットと似ているトレーナーやジャージにはどのような違いがあるのでしょうか。

スウェットとトレーナーは同じもの

スウェットだけだと生地の名前になってしまうので、正式名称としては、「スウェットシャツ」や「スウェットパンツ」と言った方が伝わりやすいです。実は、このスウェットシャツの和製英語としてトレーナーがうまれました。つまり、トレーナーは日本でしか使われていない言葉なのです。基本的にスウェットシャツとトレーナーは同じものを指すことになります。

スウェットとジャージの共通点と相違点

ジャージは、ジャージー織りという言葉からそう呼ばれています。このジャージー織りは、スウェット素材にも採用されています。織り方が一緒という共通点がありますが、素材にそれぞれ違いがあります。ジャージは軽くて伸縮性のある生地なので、スポーツをする時に使われることが多いです。

ただし、大量の汗をかくと汗の吸収がそこまでできないので、肌にまとわりついて不快感も出てしまいます。一方、吸湿性を高くするために、綿素材を使って裏毛をさせているのがスウェットです。肌触りも良く、スポーツ以外にも普段着でも使える衣類として毎日の生活に欠かせない一枚となりました。また、裏起毛のスウェットシャツは、ふわふわした手触りで保温性が高く、冬も温かく感じることができます。

スウェット素材の服を着こなしてみる

スウェットの服というと、地味で家の中で過ごすときに使う部屋着や、運動をするときに使うといったイメージがありますが、意外に外出用に素敵な着こなしをすることもできます。

特に、女性の場合は、スウェットシャツに花柄のスカートを合わせることで可愛くなり、ジャケットやパンプスと合わせて少し大人っぽくお洒落に合わせることもできます。鞄や小物をうまく取り入れると、更に地味なスウェットを変身させることができます。

スウェット素材の服が一枚あると便利

シャツにしてもパンツにしても、スウェット素材のものを一着持っていると重宝します。形にこだわったものから、インパクトのあるロゴやデザインの入ったものまで、種類も豊富でそれぞれ用途も様々です。改めて、お気に入りの一枚を探してみるのもいいでしょう。