子どもに着せる服は様々な種類のものがありますが、中でもスウェットは脱ぎ着しやすく、洗っても型崩れしないのでお母さんたちにも人気です。また、インナー次第で真夏以外は着られるところもメリットです。

子どもに合うスウェットの特徴

大人でもスウェットを好んで着る人が多いですが、子ども用に選ぶ時は動きやすさを重視することが大切です。外で元気いっぱい遊んだ時でも、動きの妨げにならないよう生地は柔らかくて、袖口は腕まくりした時に、ちゃんと止まるよう少しきつめになっているものがおすすめです。

また、1、2歳の頃はまだ自分だけで着替えることが難しいため親が着させることも多いので、親も着させやすく、3歳過ぎた子どもの場合は1人で着替える時に着替えやすいものを選びましょう。 サイズがきついと脱ぎ着がしにくいので少しゆとりのあるものがよく、丈も短いとおなかが出やすいのでおなか周りに余裕のある丈のものがおすすめです。

子どもが喜ぶスウェットの選び方

着るのは子ども自身なので、好みがはっきりしてきた子どもには気に入るようなスウェットを買ってあげるのがいいでしょう。一番良いのは一緒に買いに行って、子どもに気に入ったものを選ばせてあげることですが、できない場合は買いに行く前に子どもの好みを聞いておきましょう。

今はおしゃれなデザインのものもたくさん出ているので、好みを聞いておくと買う時に悩むことがなくていいです。また、裏地がチクチクするものもあるので、触って生地を確かめることと、子どもは良く動くので縫製がしっかりしているかどうかも見極めることも大切です。買う時にこれらのことに気を付けて選ぶと、子どもも気に入ってくれ、長く着ることができる1着が買えることでしょう。

おしゃれに着こなせるスウェットコーデ

今は毎日のコーディネートに気を使うおしゃれな子どもも増えてきています。子どものセンスを尊重しながら親もコーディネートのアドバイスができれば、親子のコミュニケーションにもなります。スウェットは基本的に何でも合いそうですが、色の組み合わせと全身のバランスに注意するとよりおしゃれに着こなせます。

例えばスウェットとパンツが淡い色で靴は黒などの濃い色にする、丈が長めのスウェットにスキニーデニムを合わせるなど組み合わせ次第で1枚のスウェットで何通りにもコーディネートが楽しめます。

まとめ

子ども用にスウェットを買う時、一番に考えなくてはいけないことはサイズが体に合うかどうかです。どんなに好みの色やデザインでもサイズが合わなければ動きにくく、着心地も良くありません。できれば子ども自身に試着させ、一緒に選んであげるといいでしょう。